前へ
次へ

ドライブレコーダーで証明できる可能性

道路を通行しているとたまに警察署が出している立札を見かけるかもしれません。
一応フォーマットがあるらしくほとんどの部分に固定の文字が書かれていて、ある部分だけ後から書き足されています。
書き足される部分としてはトラブルがあった日付で、その他何と何によるトラブルだったかが書かれています。
警察署の方で立札に関する情報を求める案内で、何かを調べているのでしょう。
周辺にお店があったりするとそこの防犯カメラなどに様子が撮影されているときもあるでしょうが、無ければ当事者同士の証言しか証拠がない時があります。
証言が一致すればいいでしょうがしないときもあります。
これまでなら警察が証拠を集めてそれを元に法律的な手続きをすることもありますが、最近はドライブレコーダーを搭載している車が多くそれが証拠になる可能性があります。
自分自身のトラブルの情報だけでなく、全く無関係のトラブルの様子を撮影しているときもあり、それが重要な決め手になるときもあります。

Page Top