前へ
次へ

手間のかけ方はどんな案件でも変わらない

法律事務所には、どんな相談が舞い込むのでしょうか。
例えば、助成金の申請を依頼した社会保険労務士が申請期限を徒過したことで、助成金の支払いを受けられなくなった、そうした士業者を対象とした相談もされるようです。
消費者対消費者ならば、担当する双方の弁護士で交渉が進むようです。
もちろん、士業者に対しても損害賠償請求を行うことが可能で、社会保険労務士側も、依頼者の会社側が杜撰なため事務処理が遅れたなどと反論するでしょう。
少額でも多額の訴訟でも、弁護士は受給金が支給される根拠法令を説明します。
高額訴訟と全く変わらない手間を少額訴訟でもしっかり取るのです。
社会保険労務士も助成金の申請をこれくらい熱心にやってくれていれば、こうした賠償請求なども不要です。
少額、小さな事件、どんな案件でも依頼者となる私たちには大切な内容です。
弁護士は労多くして報われることもあれば、ないこともあるでしょう。
少額でも受任してくれる、今はあたたかい手を差し出してくれる弁護士が増えているといいます。

翻訳のジェックス
英文契約書を専門とする優秀な翻訳者により、専門性の高い分野でも高品質な英文契約書を作成いたします。

安心して外国人技能実習制度を利用できる東京の組合
母国と日本でコミュニケーションに不自由しないよう、日本語教育をしたりしてくれるので安心して受け入れができます。

川越市であなたの悩みを解決してくれる弁護士はこちら

山梨県の社会保険労務士「吉野達郎」

国際商標所得代行

Page Top