前へ
次へ

憲法では基本的人権についての規定があります

日本にはいくつか法律がありますが、そのひとつが「憲法」です。
憲法を理解するには3つのキーワードの理解が必須と言われており、それが、「基本的人権の尊重」、「平和主義」、そして「国民主権」という三原則になります。
ここでは三原則のうち、基本的人権の尊重について見てみましょう。
基本的人権は日本国憲法の第13条に規定されており、それによると、すべてり国民は個人として尊重されるとあります。
また、生命や自由、幸福追求に対する国民の権利は、公共の福祉に反しない限り、立法やその他の国政上で最大の尊重を必要とするとも規定されているのです。
つまり基本的人権というのは、人間が人間らしく生活していくための権利であり、全ての人が生まれた時からその権利を有しています。
私たちが持っている基本的人権は、永久に失われることはないのです。
そして憲法25条には、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という生存権の保障もあります。

Page Top