前へ
次へ

司法書士も法律の専門家として活動できます

法律の事なら弁護士に相談するのが一般的ですが、司法書士も権限は限られていますが、法律の専門家として動く事ができます。
借金の問題などで裁判所に債務整理の手続きをとる時などは、司法書士が代理人として動けるようになっているので、万事上手にやってくれる事でしょう。
司法書士は権限が限られているだけに、その権限内の事に精通している人が多いです。
弁護士がカバーする範囲は広いので人によって専門分野が違ったりしますが、司法書士の方で債務整理を苦手とする方は少ないでしょう。
債務整理などは粛々と手続きを進めるべき事ですし、司法書士も専門家としてのアドバイスをできるだけの知識を持っています。
むしろ債務整理の専門家といえる立場なので、身近に相談しやすい司法書士がいるのであれば、相談をしてみてください。
適材適所という言葉がありますが、法律の仕事も適した職業に分けられているので、弁護士への依頼がベストなのか、司法書士がベストなのか、選んで利用するのが賢明です。

Page Top