前へ
次へ

交通トラブルの加害者は弁護士が必要か

自動車は非常に便利なので通勤や買い物などの移動の時に使うことも多いでしょう。
自動車だけでなく道路を利用するときはルールを守る必要があり、どれだけ急いでいるからといってルール違反をしていいわけではありません。
しかしつい簡単なルール違反を起こしてしまうことがあり、それがトラブルにつながるときもあります。
自動車で交通トラブルを起こして過失割合が自分に多くあるとき、その後の交渉において弁護士が必要になるかです。
相手方に損害を与えると損害賠償が必要になり、細かい部分を調整しようとすると法律の専門的な知識が必要になります。
素人が交渉して話をまとめるのは無理と言えるでしょう。
通常は自賠責保険に加入しさらに任意の自動車保険に加入しています。
となるとその保険会社の担当者が示談交渉などをしてくれるので、弁護士が不要になるケースがあります。
損害賠償額が決まれば無制限で加入していれば保険金から相手に損害賠償をしてくれます。

Page Top